スノボ旅行エエトコ取り

バス乗り継ぎによるスノボツアー

高速バスを運行している会社が共同運行している相手のエリアにスキー場があるとき、以下のことを考えることができます。それは、自社と相手のバスを乗り継ぐことで行くことができる切符を開発して発売することです。そして、その切符についてはバス会社がスノボツアーを直接主催してそのときに販売をしていきます。なお、切符に関しては一枚にしておきそれで二つのバス会社を連続して使うことができるような作りにします。

自社は夜行バスを相手のエリアまで運行させていき、そしてその先は共同運行をしている会社に任せていきます。これによって、バス会社は別に車両を仕立てることなくスノボツアーを考えることが可能です。また、共同運行として活躍している相手のバス会社も利益を受け取るということができるようになります。なお、スノボツアー参加者はバス会社が直接主催するこの企画と切符を利用することで次のメリットを受けることが可能です。

どのようなメリットなのかというと、一枚の切符でバスに連続して乗車をするということができるということです。なお、バス会社はこの切符を作る上で必ずしなければいけないことが存在しています。それはバスの到着時間と発車時間に配慮することで、利用者が乗り継ぎできるようにしておきます。これは行きと帰りに共通することで、ツアー参加者が確実に乗れるようにダイヤを設定することが大切です。

そのためにも、バス会社同士で確認をしたり時々話し合いの場を設けるということが求められます。スキーツアーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です